東京のクリニックで豊胸施術

学生の頃から小さい胸がコンプレックス

学生の頃から小さい胸がコンプレックス | 彼氏ができても胸のことでぎくしゃくして破局 | ヒアルロン酸注入のバストアップの施術を受ける

私の昔からのコンプレックスは、胸が小さいということでした。
自分が周りと比べると小さいことに気付いたのは、高校生の頃だったのです。
女子高へ通っていたせいか、クラスメイトたちと下着の話などをオープンにしていたのですが、友人たちは皆かわいい下着をたくさん持っていました。
中には彼がいる友人もいたので、その子は余計に下着に関心を持っていたのです。
下着の話になるとカップ数の話にもなり、友人たちは小さい子でもCカップが多く、私のようにAカップはいませんでした。
自分がAカップであることがとても恥ずかしく、友人たちと堂々と下着の話に参加することができずにいました。
しかしいくらカップ数の話をしなくても、見た目で胸の大きさはわかってしまいます。
また体育の時間になると着替えることになり、その時に胸を見られてしまうのです。
私はできる限り自分の胸を見られたくなくて、皆から離れてこっそりと着替えるようになりました。
どんどんコンプレックスに感じるようになり、恋愛も積極的になれなかったのです。
同じ塾に通っている人のことを好きになったのですが、自分から話しかけることもできませんでした。
友人たちは彼ができているのに、私にはその資格がないとさえ感じていたのです。